小瓶

過酷な環境の中で、日々ダメージを蓄積してしまっている肌。
秋口にお疲れ感が押し寄せないために、ケアしていきたいものです。

しわやたるみには、抗酸化成分配合のものを選びます。
水溶性コラーゲンやコエンザエムq10、ヒアルロン酸などを配合しているものが効果的です。
また最近は、肌内のコラーゲンを増やす成分(レチノールやビタミンc誘導体、ナイアシンなど)が配合された美容液も効果的。
これらの成分は真皮まで浸透し、コラーゲンの生みの親である繊維芽細胞の働きを活性化させます。
たくさんの商品の中から、自分肌の状態にあったものを選ぶことが大切です。

目的に合わせて

過酷な環境の中で、日々ダメージを蓄積してしまっている肌。
秋口にお疲れ感が押し寄せないために、ケアしていきたいものです。
この時期の肌は、冷房による乾燥や紫外線など、夏に受けたダメージが積み重なって角質層が厚くなっている状態。
そこに湿度や急激な低下が加わると、肌はさらに乾燥してしまいます。
一般的に肌を取り巻く環境でいえば、冬が最も過酷なように思われますが、秋も要注意な季節なのです。
「美容液の選び方」基本的な美容液の選び方は化粧水や乳液の選び方とほとんど変わりありません。
それではどのようなものを選んで使っていけばよいのでしょうか。

美容液には化粧水の有効成分をさらに高めるもの。
乾燥からお肌を守るのに効果的な成分を配合したもの、しみやクスミに効果的な成分を配合したものなどがあります。
中でもこの時期、最も効果的な美容液といえば、たるみやしわに有効な成分を配合したものがお勧めです、真夏の日差しや、強烈な紫外線エアコンによる乾燥。
そんな過酷な肌環境によって秋はもっともしわやたるみ出やすい時期です。
しわやたるみには、抗酸化成分配合のものを選びます。
水溶性コラーゲンやコエンザエムq10、ヒアルロン酸などを配合しているものが効果的です。
また最近は、肌内のコラーゲンを増やす成分(レチノールやビタミンc誘導体、ナイアシンなど)が配合された美容液も効果的。
これらの成分は真皮まで浸透し、コラーゲンの生みの親である繊維芽細胞の働きを活性化させます。
たくさんの商品の中から、自分肌の状態にあったものを選ぶことが大切です。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031